tenonaca.com のこと  + おしらせ  + おたより  
                       
HOME てのなかの「本棚」 てのなかの「映画館」 てのなかの「音楽」 てのなかの「お台所」 あの雲の味?            
 
「本棚」top*
これまでの
本たち。
 
 
 
 
 
 
 

 サウスポイント

読書人:mika.K
 

   ここでしとしと降る雨に濡れながら、
   ずっと歩いていけたらどんなにいいだろうなと思った。

「サウスポイント」。ハワイ語で「Ka Lae」。
ハワイ島の最南端ポイントの岬であり、
アメリカ合衆国50州のなかでの最南端ポイントでもある。

そこは、ただ、「岬」がある場所だそうだ。
眼前にはただただ海が広がっていて地平線だけが空との境界線。

ずっと行きたい場所でありながら、なかなか足を運べていない。車を使わずに滞在していたこと、同行者たちのことを考えると自分だけそこへは行くことができなかったこと。ささいな理由ではあるけど。


そんな「場所」をモチーフにした小説がこちら。
ばななさんがハワイ島をテーマに小説を書いているらしいのは、何となく知っていたし(この作品以外にもあり)、フラの先生がサンディーさん(わたし自身は原宿のスタジオにウクレレを習いに行ったことがあったり、サンディーさんご本人にはじめて、ばったり遭遇してしまったのも、実はハワイ島!)、ハワイ島でお世話になってるガイドさんが以前ばななさんを案内したことがある、なんてことがあると、お会いしたことがなくても、なんだかアタマの片隅に「ひっかかり」ができてしまう。

そんな背景があって、の、この作品。
タイトルも、そのものズバリ『サウスポイント』。
読まないわけにはいかない。

ばななさんの作品は、何作か読んだことがあった。

ざわざわとココロに波風が立つ感じ。
特殊な関係性をもつ、登場人物たちの、静かな日常。
なかなか昇華しきれないキモチたちの、健気なまでのぶつかり合い。

この作品もまた、そのような「肌触り」があった。

最愛のともだち、としての。
最愛のかぞく、としての。
いくつかの「関係性」が描かれていて、
その「関係性」のアンカー、「約束の地」として置かれるのが
「サウスポイント」という地。

この「物語」の要は、「アンカー」である。

「アンカー(anchor)」とは、もちろん「船のいかり」のことだが、「最強の部分、頼みの綱」という意味もある。

ゆるがないモノの存在は絶対であるが、
それ以外のつながりは極めて危うく、かつ、複雑に絡みあう。

日本で、ハワイで、あるいは、そのほかの世界各地で
登場人物たちは切れそうで切れない「縁」でつながり、
それがストーリーとして語られている。

一見、ふわふわと不安定でありながら、一方で独立心のかたまりの集合体であるかのような、この物語の登場人物たちだが、実は、そのような「強さ」の裏側でどうしようもなく他者を求めている。このあたりも、また「ばなな作品」の特徴であると思う。

そのアンバランスさ、ひとのココロのゆれ、のような感じが「ざわつき」となって残るのかもしれない。

 

実は、この作品を読んでから、ずいぶんと時間が経っている。

この文をまとめるのに、いくらかの時間が必要だった。
読後の、この「ざらっ」とした毛羽立ちのようなものが残る感じ。これが「ばなな作品」の真骨頂ではあるのだけど、どうにもうまく「コトバにできない感想文」になってしまうのが、正直なところ。

ただ、ハワイ島を舞台にすすむストーリーゆえ、
わたしにとって見慣れた景色と、文字で紡がれる物語が交りあう感じは個人的な読書体験として、ほかの作品では、なかなか味わえない感覚として楽しめた。

 

「約束の地」というのは、誰にでもあるのだろうか?

最南端のあの地から、わたしがはるかな地平線を見るのは
いつの日になるのだろうか。

 

「たいせつなひと」がいるひと、みんな

に、おすすめします。

 

 

サウスポイント
よしもとばなな (著) /中公文庫
amazon.co.jp で購入

 

 

 
 
 
s