tenonaca.com のこと  + おしらせ  + おたより  
                       
HOME てのなかの「本棚」 てのなかの「映画館」 てのなかの「音楽」 てのなかの「お台所」 「もしも‥‥?」のおかいもの         あの雲の味?  
 
「本棚」top*
これまでの
本たち。
 
 
 
 
 
 
 

 別冊 図書館戦争

読書人:kyou.A
 

     「顔に返り血とぶまでぶん殴りました。
      違う!これは女子として致命的に何かが違う!
      そして、彼女としてはもっとだ!」

図書館戦争』の登場人物のラブコメバージョン。
作者あとがきにも「ベタ甘仕様なので、苦手な人は回避して」
とある通り、 超ラブコメ(^^)

もちろん、本編の「図書館戦争」同様、
「図書館の自由が侵される時、
 われわれは団結して、あくまで自由を守る」
図書館特殊部隊の大いなる活躍もあり。

「別冊」の主人公である、
やたら身体能力の高い熱血女子隊員・郁と
恋人同士になった部下思いの熱い心の持ち主の上官・堂上。

恋愛実践がゼロで、ラブラブモードをどう展開していいのかわからず、 戦闘になると男前な郁も、恋愛に関しては奥手すぎて、なかなか前に進めない。
そんな郁をせかすこともなく、公私ともに優しく見守る堂上。

そんな大人な堂上のセリフは、女子魂をむっちゃくすぐる。

とにかく、くすぐる。

ベタベタしたことや直接的な甘い言葉は言わないけど、
「お前のことが大好きだ」と言外にぷんぷんにおうセリフが
たまらないっす。

読みながら、たまに思わず「きゃー」とか言っちゃうよ。

ちなみに「図書館戦争」は小学校高学年でも楽しく読めるけど、
この「別冊」は、大人が「うふふ」なんてほくそえみながら読む感じかな。

基本「恋愛モノは却下」だけど、
戦闘を含む熱血バカの恋話なら、読んでやってもいいぜ、という人

に、おすすめします。

 

別冊 図書館戦争<1><2>
有川 浩 / アスキー・メディアワークス
amazon.co.jp で購入<1><2>