tenonaca.com のこと  + おしらせ  + おたより  
                       
HOME てのなかの「本棚」 てのなかの「映画館」 てのなかの「音楽」 てのなかの「お台所」 あの雲‥‥?            
 
*TOP
Profile
布の貼り絵
とは?
作品集
new*
ポストカード
 
 
 
 
 
 

 

布の柄を貼りあわせて、ひとつの絵に仕上げます。
いっさいの下書きをせずに、布を貼っていく技法です。

 

 

 

材料は、
「布」、「のり(化学のりはNG、市販品ですと「ヤマト糊」が適しています。
薄い糊が必要なときは小鍋で水溶きの小麦粉を練ってつくることもあります
)」、
そして、台紙となる「ボール紙」のみです。
道具は「はさみ」や「ピンセット」などです。
ほかに、細かい箇所への糊づけや貼り直し作業等に、
「へら」があると便利です。

 

 

使用する「布」は、さまざまです。
主に、絹、綿など、
古い着物のハギレ、市販のプリント生地、などです。
化繊生地もつかいますが、ウール生地は適しません。

 

布の柄ありき、でイマジネーションがふくらんでいく場合もありますし、
ほしい図柄を探し当てながらつくりあげる場合もあります。
形をそのまま切リ抜くことはせずに、布を「絵の具」のように扱います。


 

ときには、帯揚げやスカーフを背景につかうこともあります。

自分がつかいたい色に染めたりすること等はいっさいせず、
あくまでも、その「布」そのままを活かします。

 

 

 

基本的に、まず、各パーツをつくります。(例:花、魚など)

それを、ボール紙の台紙に配置していきます。
このとき、台紙には背景になる布も選んで貼っていきます。
そして、台紙ができたら、つくっておいたパーツをおき、
さらにほかの部分も加えながら、画面全体を仕上げていきます。

 

 

手元にある布を活かしながらつくるので、
おなじような構図、モチーフだとしても、
まったくおなじ絵はふたつとつくることができません。

 

 

 

出来上がった作品は、絵の具で描いたものとは
またちがった、布独特のおもしろみのある表現となっています。

 


本ページに掲載されている作品の著作権はすべて間宮九十代に帰属します。
営利・非営利を問わず、無断複製・転載・二次使用、その他これに類する一切の行為は固くお断りいたします。
ご不明な点がございましたら、本サイト管理者までご連絡ください。
 
てのなかからの「おしらせ」 てのなかへの「おたより」「ご意見・ご感想」 サイトマップ< ! coming soon... ! >