tenonaca.com のこと  + おしらせ  + おたより  
                       
HOME てのなかの「本棚」 てのなかの「映画館」 てのなかの「音楽」 てのなかの「お台所」 あの雲‥‥?            
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

  


あたたかな年明け。ほっこり、よい年になりますように。

+ 「遊布の世界」15.12/18 「作品 干支申」更新
「平成28年申年・年賀状」ポストカードができあがりました!

 

+ 「本棚」15.11/3 「レインツリーの国」ほか

 

+ 遊布の世界」15.1/1 「作品 干支未」更新
「平成27年未年・年賀状」ポストカードができあがりました!

 

+ 「映画館」14.7/4 「すーちゃん まいちゃん さわ子さん」ほか

 

+ 「遊布の世界」13.12/7 「作品 干支午」更新
「平成26年午年・年賀状」ポストカードができあがりました!

 

+ 「本棚」13.11/28 「サウスポイント」

 

+ 「映画館」13.9/18「マンハッタン・ラブストーリー」

 

+ 「音楽」13.6/16 「雨の物語、ふたたび。」

 

+ 「本棚」13.4/19 「漁港の肉子ちゃん」
+ 「遊布の世界」13.4/19 「作品 武者人形」更新

 

+ 「遊布の世界」13.4/1
 お待たせいたしました!ポストカードページがopenです。
 間宮九十代 布の貼り絵はこちら

 

+ 「遊布の世界」13.3/25 「作品 遊布地蔵」更新
+ 「お台所」13.3/25 「めんたいこ・アレンジレシピ」

 

+ 「遊布の世界」12.12/3 「作品 干支巳年」更新
「平成25年巳年・年賀状」ポストカードができあがりました!

 

+ 「遊布の世界」12.10/3 「作品 ふくろう」更新
 「布の貼り絵」をご紹介するページをつくりました。

 

+ 「本棚」12.9/10 「箱庭図書館」
+ 「お台所」12.9/16 「バゲットレシピ2種」

 

+ 「遊布の世界」12.8/19 「作品 かに」更新

 

+ 「音楽」12.6/24 「雨の物語。」
+ 「音楽」12.6/23 「月を見上げて‥‥」

 

+ 「映画館」12.2/18 「大洗にも星はふるなり」

 

+ 「本棚」11.12/21 「マイブック」
+ 「本棚」11.12/21 「ぼくの ともだち おつきさま」

 

+ 「本棚」11.8/23 「あの金で何が買えたか」
+ 「お台所」11.8/23 「“冷やし中華嫌い”の夏麺」

 

 

 


2015.10/17 夏に仙台へ行きました。うちの高校の修学旅行は「農家にホームステイ」という変わり種だったのですが、そのとき仙台経由気仙沼・大島→岩手(りんご農家にホームステイ)→福島裏磐梯という東北ルートで。それ以来‥‥ぶりです。この際、年数は割愛。

松島に行ったことがない、という母を連れて、仙台から足をのばしました。祖母がくれた、このかわいいコも一緒に、ね。

そこで、おもわぬ“再会”が‥‥!
それが、これ。 「早煮昆布」。

別名「野菜昆布」とも言われていて、出汁用ではなく、おでん等の煮物に使います。しっかりした、歯ごたえのあるワカメ?ってくらい、やわらかく炊けるので、うちではとくに冬のおでん用の定番です。

実は、これまでは、わざわざ、都内デパートの「東北物産展」で買っていました。「三陸産の昆布」として、秋田の昆布問屋さんが持って来てたので、毎年そのお店を目がけて行って、まとめて買っていたのです。

ところが。

震災以降、「とれなくなって、入荷しなくて」と。
別の産地の、おなじような「早煮昆布」も買ってみたんだけど、
どうも、いつもの感じじゃなく。

が、その「昆布」に思わぬ形で再会したのでした。
松島の遊覧船の中で(笑)!!

ど定番の松島周遊の遊覧船に乗り、
たまたま、船内の売店近くの席に座ったところ、傍らをみたら。
「‥‥あれ、この形の昆布、もしかしてーー???」と。
ためしに、一袋だけ買ってみたのでした。

家に帰って、さっそく戻して炊いてみたら‥‥。

うわーー、これ、あの「昆布」じゃんっ。
これこれこれ!やっぱり、この昆布がおいしいや!!
ってことで、喜び勇んで、袋の後ろにあった会社に電話して、
取り寄せました。

聞けば、このような「丸めかた」をするのは気仙沼産、独特の形なのだそう。たしかに、あまりみたことがない形ですよね。

そっか‥‥気仙沼だったのかぁ。やはり、震災直後はまったくとれず、ようよう復活してきたのだとか。

ありがたく、おいしくいただきたいな、と!

 

そうそう。
こちらのお店では、かわいい「おみやげ」にも出会いました。

わたしたちをやさしい笑顔で出迎えてくれた、もうすぐ米寿を迎えるというご主人が店頭でろくろをまわしてつくっておられました。

そこで、祖母へのおみやげを。
「なんだか、つられて笑っちゃうわね」と喜んでくれました。

伝統のこけしじゃないんだけどね。ニコニコまねきねこ。こちらまで笑顔になっちゃう。mika.K

 

これまでの「日和」カレンダー

 
てのなかからの「おしらせ」 てのなかへの「おたより」「ご意見・ご感想」 サイトマップ< ! coming soon... ! >